● 試 験 部 門(現 場 試 験)

◆ 地 下 レ イ リ ー 波 探 査 ◆



  地下レイリー波探査は、周波数可変型の起振器を用いて定常振動(地下レイリー波)を発生させ、既知の距離において振動検出器2点間の位相速度を測定する。速度の逆転層があっても探査が可能で、探査深度は最大で20m程度で深度と共に分解能は低下する。また、高周波数領域における分散現象に着目すれば、埋設物や空洞といった不均質層の情報を得ることができる。


― 試験部門一覧 へ戻る −