● 試 験 部 門(現 場 試 験)

◆ F W D 試 験 ◆


FWDは、フォーリング・ウェイト・デフレクトメータ(Falling Weight Deflectometer)の頭文字をとったもので、路面に錘を落としたときに舗装表面に生じるたわみ量を、複数点で同時に測定するため、路面のたわみ形状が得られる。測定は、非破壊で舗装を傷つけることがなく、一箇所毎に2〜3分と短時間で可能である。
 そこで、測定結果を解析することにより、舗装の健全度の調査・維持修繕計画の立案ができる。

― 試験部門一覧 へ戻る −