● 試 験 部 門(室 内 土 質 試 験)

◆ C B R 試 験 ◆


〇 CBR試験試料採取(撹乱試料)

  路床部の地層構成と設計CBR試験に供するために土質試料を採取する。試料の採取方法は、原則としてハンドオーガー等を用い計画路床面上部より深さ1m程度の試料を採取する。

〇 CBR試験(貫入試験)・・・・・JIS A1211:2009(JGS 0721-2009)

 貫入試験は、吸水膨張試験後の供試体に貫入ピストンが1分間に1mmの速さで貫入するように載荷し、貫入量が 0.5, 1.0, 1.5, 2.0, 2.5, 3.0, 4.0, 5.0, 7.5, 10.0, 12.5mmのとき荷重の読みを記録する。

 CBRとは、路床土や路盤材料の強さを表すのに考えられた値である。CBR試験は、粘性土から粗粒材を含む礫質土にいたる殆どの土に適用でき、路床や路盤材の強度評価値として広く利用されている。
 我が国においては、アスファルト舗装の構造設計にCBRを採用していることから、このCBR試験が広く利用されている。

― 試験部門一覧 へ戻る −