● 測 量 ・ 設 計 部 門

◆ 測 量 ◆


測量実施項目

 公共事業等に関連した測量で、国家基準点にもとづいた、基準点・多角・水準・地形測量等。

 ・道路の新設・改良および拡張計画に伴う路線測量。
 ・河川改修や災害復旧・築堤工事に伴う河川測量。
 ・公共用地や構造物計画地等に伴う用地測量。
 ・ダム・ため池・港湾等の深浅測量。
 ・道路や河川の台帳作成・上下水道の台帳整備等に関わる測量。
 ・土地区画整理に関する測量。

 測量では、位置と高さを求める(示す)事が必要となる。そのため、座標と高さを求め図化していく。この時実施するのが、基準点測量といい、一般的に測量には、地形測量・応用測量・用地測量等が有るが、各測量の成果を高精度に維持するためには非常に重要な測量と考えられている。
 近年では、基準点測量にGPSを使用し、水準測量では電子レベルを使用して、より精度の高い正確な測量が行える。
 これらの情報は、土地に関する基礎的なデータとして、社会活動の基盤となり、環境保全や防災対策等の各種位置情報の重要な資料となる。

◆ 設 計 ◆


設計実施項目

 公共事業等に関連した設計で、予備設計および詳細設計等。

 ・道路の新設・改良および拡張計画に伴う路線設計。
 ・道路改修や災害復旧・築堤工事に伴う河川設計。
 ・土地造成工事に伴う造成設計。
 ・土地造成工事に伴う擁壁等構造物設計。
 ・軟弱地盤対策に伴う設計。
 ・土地区画整理に関する設計。
 ・農業集落排水施設整備設計業務