● 調 査 部 門

◆ 調 査 ボ ー リ ン グ ◆

 調査ボーリングの機械は用途により種々ありますが、ここでは地盤調査用として一般的に広く採用されているロータリー式機械ボーリングによる調査を紹介します。ボーリング概念図は回転式スピンドル型オイルフィールドボーリング機械です。ロータリー式ボーリングはボーリンボーリング機械により駆動されるボーリングロッドあるいはコアバレルの先端に取り付けられたビッドの回転と機械の給進力より付与されるビッド荷重で、地盤を切削しながら孔を掘り進むものです。通常掘削時にはビットの冷却とスライム排出のため、清水やベントナイト泥水等を掘削流体として用います。また、掘削孔の孔壁の崩壊を防止し、ボーリング孔を良好な状態に保つため通常は泥水が用いられますが、緩い砂・礫等の崩壊性の著しい地盤や湧水・逸水のある場合はケーシングチューブの挿入等により孔壁を保護します。

 ボーリングの目的は、土や岩を観察することにより地層の構成を明らかにするとともに、サンプリングや原位置試験などを実施するための孔の提供や地下水位を観測することにあります。


― 調査部門 一覧へ戻る −